床下に入るところがない家のシロアリ駆除(奈良県宇陀市)

本日は奈良県宇陀市のお客様のシロアリ駆除でお伺いしました。

床下に入る台所収納庫や畳のお部屋がなく、床下に入るところがありません。そんな時は、

基礎に開いている20cm×40cmの換気口から侵入し、作業に入ります。年をとるにつれて体重も増えていきますので、体型維持が重要になってきます。

換気口から?行けるかな?

若いときに通れてた穴が通れなくなっていきます。その都度ランニングマシーンのお世話になっております。

おなかがっ…
ここまでいくとスルスルっと入れます

シロアリ駆除するのに、スモールライトやシロアリ駆除ロボット等有れば良いのですが、細かい被害のチェックは、やはり高精度のカメラより肉眼が一番良いと思いますし、作業するにあたっても、細かいところまで気付があり、確実な施工ができます。AI技術が進歩し、ドローンや内視鏡など取り入れたりして作業の補助をしてますが、人間の繊細な技術は、ロボットには追い越せないのではと思います。

追い越されないように、磨いていかないといけないのではないかと思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. お寺のシロアリ消毒(宇陀市三本松)

  2. チョウバエ駆除(伊賀市木興町)

  3. シロアリ駆除の費用は年末調整や確定申告の雑損控除対象です

  4. 花鳥風月?花の時期、虫の時期、シロアリも活動開始

  5. 病院施設の害虫駆除及び衛生管理(伊賀市上野忍町)

TOP