改築時に調湿剤とシロアリ駆除(名張市南町)

台所のリフォームで作業を進めてき、床の解体をすると

土の湿気や木材にカビを発見!

対策のため、調湿剤(ゼオライト)を敷き詰めをしました。

調湿剤(ユニストーン)はアルミノシリケートの天然鉱物で、超微小な連続した空洞と細孔を有し、水を吸ったり吐いたりする機能を持ちます。

特徴は、

1、(床下の調湿)床下に停滞している湿気を取り込み、床下部の水分を減少させ、床下土壌の水分を吸収・排出し、床下環境を守ります。

2、(床下の消臭)空調効率を高め、アンモニア臭やカビの不快臭を除去します。

3、(防虫・防菌効果)害虫(シロアリ・ゴキブリ・ムカデ等)及び有害菌(カビ)の活動を抑制します。

4、(床下の保温)周囲の湿度が高くなると吸湿、低くなると放湿し、床の冷えを抑えます。

床下に炭を敷くよりも、調湿剤の方が吸湿力があります。

炭にシロアリが寄ってきて炭の中に生息していた例も多いです。

土の湿気には調湿剤を施工し、

木材には防腐・防カビ・防蟻効果のある、ハチクサンMEを塗布及び散布処理しました。イミダクドプリドを主成分とし、シプロコナゾール、IF-NRの成分等がありトリプル効果で木材を守ります。

地元のリフォーム会社様の紹介で行かせていただきました。

床下の基礎から対策をし、防虫・防腐・防カビでしっかり守ります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. お寺のシロアリ消毒(宇陀市三本松)

  2. チョウバエ駆除(伊賀市木興町)

  3. シロアリ駆除の費用は年末調整や確定申告の雑損控除対象です

  4. 花鳥風月?花の時期、虫の時期、シロアリも活動開始

  5. 病院施設の害虫駆除及び衛生管理(伊賀市上野忍町)

TOP